読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学と悟り、ついでに論文「意識と世界の非実在性証明」

哲学とか悟りとかあと個人的な論文みたいななにかとか

意識は死なない存在 プレver 3

空という考え方はご理解いただけたでしょうか?

 

空とはあらゆる可能性を内在し、なおかつ発現してない状態

 

つまり、空も色も結果次第のいろ違いという言い方もできます

オセロのようなものです

空であり続ければずっと空だし、一方 色になればもともと色になる状態で保存されていたっていう結果総取りの世界観です

 

では少し前の例の肉体が完全消失したのに、意識が消えなかったなぞに再度挑みましょう

 

もうお分かりですね?

 

そうです、色は色の器たる肉体が色の器たる状態を失ったとき消えます

しかしそれは色の存在が消滅、あるいは死んだわけではありません

 

”空”という場合によっては再存在するかもしれないという可能性世界へ逃げ込んだのです

 

これが、これこそが意識(色)が死なない正体です

 

死は色に害を加えられません、色の器という状態を破壊することはできても

”色の器”という状態の可能性(空)まで消すことは不可能だからです

 

”色”は結果論の世界に生きるため、色の器たる結果が状態として再現されればそこに再度現れます

”色”は”空”と同じく根本的に不滅なのです

 

色は結果

空は可能性

 

でも、あなたはこうお思いかもしれませんね?

理論としてはわかったよ、でも現実問題、自分が同じ状態で再現される可能性なんて天文学的に低い確率だろ?

起こりえないことは起こりえない、結局それは死んでるのと同じだろって

 

はっはー、ネガティブですねww

わかります、てかこれ書いてる僕も死ぬときはやっぱ怖いと思います

まあそれは置いといて

生きている人で自分が死んだあと無限につづくとも思える時間の連鎖の前に自身の生の無力感、切なさを感じ打ちひしがれる人たちがいます

いわゆる、死による虚無の恐怖です

 

しかし、”無限とも思える時間”、なにか気づきません?

そう無限なんですよwwww

確率がどんだけ低くても、どんだけ起こりえない事象でも

無限という時間(もはや時間の枠さえ無意味かもしれませんが)の前ではすべてが起こりえます

 

そもそも事象としては”色の器”たる状態が再現されればいいので

それが

パラレルワールドだろうが

異世界転生だろうが

マトリックス的な電脳世界だろうが

死後の世界だろうと

天国、地獄だろうと

”色”としては『結果論として認識を自覚できれば勝ち』という

かなりのイージーゲームといえます

 

ただし、この”色”

不滅じゃんやったぜラッキー俺死なねえじゃんwww

っていう幸運ばかりをもたらすものではありません

 

むしろ考え方によってはとっても恐ろしい、および頭が狂いそうになる展開を

現実世界に持ち込んできます

ただそれはまた別のお話

 

今回は、意識(色)の不滅性に対するお話でした

 

PGZ